主婦に人気の資格ランキング!2020年9月のTOP20

2020年10月01日

主婦資格ナビでは、続々とおすすめ資格を追加中!現在、45資格となりました。
その中でアクセスの多いページトップ20をランキングにしてお届けする「人気資格ランキング」。
気になる資格があったら、資格名をクリック!!主婦におすすめのポイントや資格の取得方法など詳しく解説しています。

9月はどんな資格がランクインしているでしょうか?

自分にはどんな資格が向いているのかな?とお悩みの方は、こちらもおすすめ!
>>>「主婦におすすめ!資格診断」


第1位  登録販売者
登録販売者
8月に続き、登録販売者が1番人気!
主婦資格ナビでも一押しの資格、登録販売者。ドラッグストアのパートさんでも時給アップや資格手当がつくなどメリット大!受験資格が撤廃されたことにより主婦の取得者もますます増えてきているようです。
試験は各都道府県ごとに8月下旬から12月中旬に行われています。今から準備して一発合格を目指してみませんか。独学が心配という方は通信講座がおすすめ。テキスト学習の他、スマホやタブレットで学べるデジタルテキストなど、すきま時間で学んで資格取得を目指してみてはいかがですか?

登録販売者について詳しく見る>>>


第2位 図書館司書・司書補
図書館司書

主婦資格ナビでは根強い人気の「図書館司書」。公共の図書館や教育機関内の図書室などで働くための資格です。正規採用は空きがでた時だけの採用ということが多く、狭き門と言われていますが、契約や派遣社員、パートなどの求人もあることから、主婦の方々の人気を集めているようです。
この資格は国家資格で、大学や短大で資格取得に必要な科目を履修して取得できます。大卒・短大卒の場合、「司書講習」を修了することで取得できる他、通信制大学で「科目等履修生」として必要な科目のみを履修することで取得も可能です。
また、高卒の場合には、1.通信制大学で資格取得に必要な科目を履修して卒業する、もしくは2.「司書補」を取得し3年間の実務経験を経て、「司書講習」を受講することでも取得が可能です。
「司書講習」は、時間や受講場所も限られていることから、取得しにくい方もいるかもしれませんが、通信制大学なら、主婦の方ははもちろん社会人の方でも取得しやすいのが特徴。セカンドキャリアの選択肢としてミドル~シニア層の取得者も増えているようです。

図書館司書・司書補について詳しく見る>>>


第3位 CAD
CAD2
在宅ワークやパート需要も高いCAD。建築や機械関連の業界で活躍するイメージが強いかもしれませんが、家具をはじめとしたインテリアやアクセサリーなどのものづくり業界、また住宅周りのエクステリア業界でも必要とされるスキルです。
需要は高く、未だ人材不足と言われる中、「実務経験がなくてもOK」という求人も多く見受けられます。また、正社員に限らずパートや在宅ワークでの募集も少なくないので、知識やスキルを通学や通信講座でしっかり身につけておけば、未経験でも職は得やすそうですね。パートとしては、時給も高めなので身につけておいて損はない知識とスキル。モノづくりに興味のある方や、パソコン作業が好きという方には特におすすめです。

CADについて詳しく見る>>>


第4位 マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)オフィスワークの仕事に就きたい方、データ入力などの在宅ワークをはじめたい方は、ぜひ取得しておきたい資格。
パソコンスキルのレベルについては、「できる」の判断基準が人それぞれ。求人に応募する際や派遣会社に登録する際にも、MOSを取得していれば自分自身のレベルを的確に相手に伝えることができます。曖昧なまま入社して、いざ仕事に入ったらスキルが足りずにできなかったといったトラブルを防ぐこともできます。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)について詳しく見る>>>


第5位 アンガーマネジメントファシリテーター

アンガー怒りの感情をコントロールするための心理トレーニングで、アメリカでは犯罪者の公正プログラムなどにも取り入れられています。最近ではメディアで目にすることも増えていて注目度アップ!!テニスプレーヤーのフェデラー選手、大坂なおみ選手は、アンガーマネジメントのスキルを身につけて、着々と効果をあげているようです。そして、それをお伝えする講師になるための資格がアンガーマネジメントファシリテーターです。

アンガーマネジメントファシリテーターについて詳しく見る>>>


第6位 トリマー

トリマーを目指すというと高校卒業後の若い世代という印象もありますが、ペットブームもあってか、近年トリマーを目指す主婦も急増中。正社員よりもむしろパートやアルバイト求人が多いというのも主婦に人気の理由かもしれません。また、週末トリマーや出張トリマーなど、個人で営業している方もおり、働き方の選択肢が多いのも特徴かもしれません。
スクールによっては、講座修了後に併設のサロンでトリマーとして活躍できるところなどもあります。スクール選びの際には、こういったことも事前に調べておくとスムーズに職を得られるのでいいでしょう。

トリマーについて詳しく見る>>>


第7位 ネイリスト

今月に入り急上昇!ネイリストとは、爪を美しく演出する人のこと。サロンに通っている主婦さんもいらっしゃるのではないでしょうか。
お客様の爪に装飾を施すだけでなく、爪や指先のケアまで行うことが多いです。20代から30代の主婦が目指す仕事としても人気で、資格をとってネイルサロンで働くか独立開業するのが一般的です。

ネイリストについて詳しく見る>>>


第8位 心理カウンセラー

常に主婦資格ナビで人気の資格、心理カウンセラー。普段通りの生活が難しい状況下が続いていることで人気・ニーズ共に上昇しています。
2017年に施行された新しい国家資格「公認心理師」をはじめ、民間資格としては知名度・信頼度ともに高い「臨床心理士」の他、さまざまな民間団体が認定する心理カウンセラー系資格があります。カウンセラーとして人の心を癒してあげたい方、自分や家族のメンタルケアに活かしたい方におすすめの資格。また、被災地や地域のコミュニティなどのボランティアとしても多くの方々が活躍しています。

心理カウンセラーについて詳しく見る>>>
心理カウンセラーの資格と仕事をまとめました!>>>


第9位 医療事務

常に主婦資格ナビで人気の資格、医療事務。病院での受付やカルテ整理、会計などを担当します。さまざまな資格が存在しますが、ほとんどの資格が在宅で受験が可能。通信講座や短期間で取得できる講座も多く、忙しくなかなか通学が難しい主婦の方には特におすすめの資格です。
主な活躍の場である病院は全国に存在し、正社員やパートなどその時のライフステージに合わせて働き方を柔軟に変更できる点でも、女性におすすめなポイントです!

医療事務について詳しく見る>>>


第10位 料理

料理に関する知識やスキルは、毎日の食事作りはもちろん、自宅でサロンや料理教室を開いたり、カフェなど自分のお店をオープンしたりと仕事に活かすこともできます。
料理に関する学びや資格には、お菓子やパン作りといった気軽な講座から、「薬膳コーディネーター」や「マクロビオティックセラピスト」などの民間資格、「調理師」といった国家資格まで様々な種類があります。自分の興味や学んだ後のことを想像しながら、自分にあったものを選ぶとよいでしょう。

料理について詳しく見る>>>


第11位 Webデザイナー
第12位 介護事務
第13位 調剤事務
第14位 保育士
第15位 ハンドメイド
第16位 キャリアコンサルタント
第17位 簿記
第18位 宅建士
第19位 Webライター
第20位 着付け