空いた時間を効率よく使って働ける

主婦の在宅ワークにおすすめ!クラウドソーシング

主婦の在宅ワークにおすすめ!クラウドソーシング<br />

家事や子育てとの両立を可能にする働き方

家族の予定に振り回されることの多い主婦にもピッタリのワーキングスタイル!

主婦の働き方として、パートや会社勤めのように仕事に出かけるといったスタイル以外に、自宅で仕事を受ける在宅ワークがあります。
在宅ワークと聞くと、何らかの下請け仕事を自宅で請け負うという昔ながらの内職をイメージする人もいるかもしれません。しかし、今やインターネット、IT時代。自宅にいながら、空いた時間で仕事をする「クラウドソーシング」というスタイルが注目されています。
子どもの習い事や親の介護など、家族の予定に振り回されることの多い主婦にピッタリの働き方、「クラウドソーシング」をご紹介します。

クラウドソーシングでできること?

主婦のクラウドソーシング

会社に出社せず、仕事を外注の形で請け負うクラウドソーシングは、今や多くの会社が活用しています。

「翻訳・デザイン… ネット内職で趣味や仕事経験生かす」日経電子版
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO33159250Z10C18A7W07000?channel=DF260120166522

記事にもあるように、現在クラウドソーシングの仲介企業には、主婦層、定年退職後のシニア層、あるいは副業目的の会社員など、100万人以上が登録しています。

主婦にとってのクラウドソーシングのメリットは、何と言っても「納期さえ守れば働く曜日や時間帯に縛られない」ということ。未就学児のお子さんがいる方は、平日の日中は家事と子育てに追われていたり、パートにでても働ける時間が短時間に限られてしまったりと、思うように仕事ができないのが難点。でも、このクラウドソーシングは、自分で時間をコントロールして働くことができるので、忙しい主婦にはぴったりの働き方と言えるでしょう。

記事にもあるように、仕事の種類は多種多様で、収入(料金)もピンキリ。それなりのスキルを持っていれば、それなりの収入を得ることができます。

例えばWEBデザイナーなら、1ページ作成して何万円という仕事もあるぐらいです。WEBデザイナーとして仕事をするためには、ある程度の知識とスキルが必要、そのためにスクールや通信講座で学ぶ主婦も増えてきています。主婦資格ナビ人気ランキングでも第2位がWEBデザイナー!ということで注目の度合いが伺えますよね。
講座を受講して、知識とスキルを身につけたら、次は自分の売り込み方。クラウドソーシングにエントリーする際には、やはり目に見えた実績=作品があった方が有利。多くのWEBデザイナー養成講座の場合、最終課題として作品を制作するので、それを実績として提示することができます。

まずは、最初の1本を受注すること!を目標に。そして、その仕事を確実にやり遂げることです。
発注側の会社も、ある程度のクオリティと納期をしっかり守る外注さんであれば定期的なオーダーや、また別の仕事もオーダーする場合が多いので、ある程度長期にわたり仕事をすることができます。そして、それが自分の実績となり、次の新しい仕事の依頼へとつながるのです。

クラウドソーシングにおすすめの資格・スキル

▼CAD
▼WEBライター
▼マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
▼翻訳者
▼WEBデザイナー
★WEBデザイナー講座を受講した女性のスクール体験談が紹介されています!