病気の子どもでも対応してくれるベビーシッターサービス

[公開日]2019年01月25日

子育て・家族仕事・キャリアアップ小ネタ

子育て中のママが働きにでようと思った時の心配事のひとつが子どもの病気。
発熱や風邪、インフルエンザに胃腸炎などなど、子どもの突然の病気は働くママにとっては困りもの。
子どもは保育園や幼稚園にも行かれず、かと言って家に一人でおいておくわけにも行かない。
そうなると自分が仕事を休まなければならなくなるし、職場のみなさんには迷惑をかけるし・・・そんな心配をしていたら、いつまでたっても社会復帰なんてできませんよね。

そんな時の救世主を見つけました!
小児科看護師が行うベビー・キッズシッター「Medikid’s」
https://kids-sitter.com/

利用にあたっては事前に会員登録が必要で、入会金と月会費、その他利用時間に応じて料金がかかりますが、
体調不良でも見てもらえて、小児科経験のある看護師が来てくれるというのは心強いですよね。
さらにはオーダーメイドで、送迎や病院受診の付き添い、食事介助、沐浴まで面倒をみてくれるそうです。

正直言って、料金は少々高く感じますが、夫婦共働きで実家も遠かったり、預けられなかったりで、いざという時にどうしようという不安がある方には嬉しいサービスですね。

民間のこういったサービスの他、自治体単位で病児保育事業に取り組んでいるところも増えています。
東京都杉並区では、事前に区が委託する病児保育室に登録しておくことで、いざという時に子どもを預けられる事業を行っています。
また、千代田区では病児・病児後保育のベビーシッター利用料を補助してくれる制度を、新宿区ではファミリーサポート提供会員による病児および病後児の預かりを実施しています。

また、ベビーシッター・家事代行を探せる情報サイト「キッズライン(https://kidsline.me/)」でも、さまざまな経験や資格を持つベビーシッターが登録。病児・病後児の預かりOKというベビーシッターも数多く登録されていて、料金も1,500円/時間前後と利用しやすくなっています。

社会復帰に向けて、こういったサービスもいろいろと調べておくといざという時に安心ですよね。