在宅ワークに
おすすめの仕事って?
スキマ時間の
プチ稼ぎに役立つ資格

在宅ワークに<br />
おすすめの仕事って?<br />
スキマ時間の<br />
プチ稼ぎに役立つ資格

在宅ワークに興味がある方におすすめ資格をご紹介!

通勤や人が集まる場所へ出向くことにリスクが生まれ、注目が集まる在宅ワーク
パソコンなどがあれば時間や場所を選ばず働けるので、外で働くことが難しい場合や育児・介護中の方もスキマ時間に収入を得ることができることが大きなメリットと言えるでしょう。

気になっているけれどちゃんと収入を得られるか、自分にできるかが不安……という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
在宅ワークはフリーランスとして働く場合が多く、自身でお仕事を受注していくことも必要となってきます。
よりよい収入を得るためにはお仕事で活かせる技術や知識をしっかり学び、その実力をアピールできる資格を取得することがおすすめ!

今回はイチから在宅ワークを始めたい方のために、在宅ワークにおすすめのお仕事と技術・知識を身に付けられるおすすめの資格をご紹介します♪


在宅ワークにおすすめのお仕事・資格4選

・テープ起こし(テープライター)
・Webライター
・Webデザイナー
・翻訳

在宅でできる副業におすすめのお仕事・資格

テープ起こし(テープライター)

テープ起こし取材や講演会、会議などを録音した音声を聞き、発言内容をパソコンやワープロへの入力で文章に書き起こすお仕事です。
「テープ起こし」と呼ばれてはいますが、現在は録音された音声のデータをメールなどで依頼元から預かり、作業を行う場合が多いようです。

対談やインタビュー・会議の議事録・裁判資料など、ニーズは多岐に渡っており、それぞれ重要な資料となるため、安心して仕事を任せられる技能者が求められています。

音声の聞き取りやタイピングができれば特別な技能を新たに身につけずとも始められるお仕事のため、初めての在宅ワークには特に始めやすい内容と言えます。

報酬の単価は時間制と文字数制があり、時間制の場合は1時間の音声データの文字起こしで10,000円~14,000円ほどが相場となっているようです。
1時間の音声データでも文章にするには平均して6時間程度かかると言われており、専門的な単語が多い講演などではさらに時間がかかることも予想されます。初心者のうちはさらに多くの時間を要するでしょう。
案件をどれくらいのスピードで・正確に作成できるかが収入に直結するため、スクールによる講座を受講するとノウハウが身に付き、より効率的にこなしていくことができるようになるでしょう。

>>テープ起こし(テープライター)について学べる通信講座(母体サイト「BrushUP学び」へ)


Webライター

Webライターブログをやっている方や文章を書くのが好きな方におすすめなのがWebライターのお仕事。
Webページなどに掲載される文章をクライアントの依頼に沿った形で作成します。
案件はクラウドソーシングサイトなどを通して受注することができ、同サイトでは初心者向けの案件も多く募集されています。

報酬は「1文字につき1円」などの文字単価となっている場合が多く、作成できた記事の文章量によって月収も大きく変わってきます。
初心者向けの記事は文字単価が1円以下のものも多く存在しますので、より多くの案件を受注し、記事を作成することが収入アップに繋がります。

Webライターのお仕事は資格がないとできないわけではなく、文章力に自信がある方ならどなたでも始められる仕事です。
ですが、「WEBライティング実務士」など、Webライターとしての実力を証明する資格を取得することでクライアントに信頼され、仕事を依頼されやすくなったり収入アップを目指すこともできるでしょう。

スクールで講座を受講することでWebライティングの知識や技術を身につけることもできるので本格的に始めたい方にはおすすめです。

>>Webライターについて詳しくはこちら

>>Webライターについて学べる通信講座(母体サイト「BrushUP学び」へ)


Webデザイナー

Webデザイナーホームページの制作やWeb広告・バナー制作などを行うお仕事です。
PhotoshopやIllustratorなどのソフトを使ったデザイン作業~デザインした通りにWeb上で見られるようコーディングという作業などさまざまな作業を行います。

Webで作業を行う仕事となり、打ち合わせなどの折衝も今はネットで完結させることができるため、在宅で行うことができるお仕事です。
専門的な知識・技術が必要となりますが、そのぶん社会でのニーズも高く、年齢などに関わらず仕事に結びつけることのできる強力なスキルです。

PhotoshopやIllustratorを扱う技術や知識はもちろん、コーディングに必要なHTML・CSSの知識も必要になります。
市販の参考書などで学ぶことも可能ですが、未経験から始めたい方はスクールなどで講座を受講し、必要なスキルをしっかり身につけることをおすすめします。

身につけた技術の証明として国家検定資格である「ウェブデザイン技能検定」やWebの標準的知識を証明する資格である「Webデザイナー検定」などを取得することで企業からの信頼や評価に繋がるでしょう。

>>Webデザイナーについて詳しくはこちら

>>Webデザイナーについて学べる通信講座(母体サイト「BrushUP学び」へ)


翻訳

翻訳ビジネス文書や書籍、映像などの外国語を日本語に訳したり、逆に日本語を外国語に訳するお仕事。
外国語の能力を活かして収入を得たいという方にはピッタリのお仕事です。

Webライターなどと同様にクラウドソーシングサイトなどで様々な内容の案件が募集されており、Web上で受注、メールなどで納品が可能。
報酬は1文字、1単語ごとの単価となっている場合が多いようです。
翻訳する文章のボリュームもさまざまなので、短文の翻訳から徐々に仕事に慣れていきたい、という方も始めやすいと言えます。

翻訳の案件の9割ほどはビジネス翻訳(実務翻訳)と言われています。
ビジネス文書には、Webサイトに載せる文章や報告書、マニュアルなどたくさんの書類があります。どれも企業の実務に関わる内容ですので、内容を正確に翻訳する能力が求められます。

翻訳のお仕事をするためには必ず取得しなくてはならない資格などはありません。

ただ、企業は語学能力の有無で仕事を依頼できるか判断を下すため、英検の級数やTOEICのスコアなどの客観的な能力証明をアピールする必要があるでしょう。
翻訳スクールで講座を受講することで実務的な翻訳技術を学べる上に、翻訳に関するスキルを証明する「ビジネス英語翻訳士」などの民間資格の取得ができる場合もあるので、技術証明にも役立ちます。

>>翻訳者について詳しくはこちら

>>翻訳について学べる通信講座(母体サイト「BrushUP学び」へ)

在宅ワークを始める前に講座を受講するメリット

在宅ワークを始めるにあたって資格の取得や講座の受講は必須ではありません。ですが、講座を受講することで以下のようなメリットがあるので、初めてその仕事に関わる方にはスクールの講座受講がおすすめです。

効率的に稼げる技術・ノウハウを学べる

「基礎技術を既に持っている」という方でもフリーランスとして効率的に収入を得ていくには仕事の進め方や、実際の案件で求められる内容についてなどのノウハウも知っておく必要があります。

スクールの講座では基礎技術から実践的な技術までの学習はもちろん、フリーランスとして仕事を進める方法やビジネスマナーについても併せてレクチャーを受けられるものが多くあります。

効率的に稼いでいきたい!とお考えの方は講座の受講が近道と言えるでしょう。

就業サポートを受けられる

講座修了後や資格取得後に就業サポートを受けられることも大きなメリットです。

修了者に対して優先して案件を紹介してもらえたり、クラウドソーシングサービスで資格取得者として仕事を依頼する企業に紹介してもらえたりと在宅ワーク・フリーランスとして仕事を始めるための具体的なサポートを受けられる講座・スクールもあります。

スクールによってサポート内容は異なるため、受講前にチェックすることが必要になりますが、「初めての在宅ワークでどうやって仕事を始めればいいのかわからない……」という初心者の方はこのサポートを利用すると在宅ワークをスタートしやすいのではないでしょうか。

在宅ワークのスタートには知識・技術を身に付けるのがおすすめ!

在宅ワークを始めてみたいけれど自信がなく始められないという方も多くいらっしゃるようです。確かに知識などがない状態で一人でお仕事を始めるのは不安ですよね。
興味のあるお仕事についてを学び、資格を身に付けることでお仕事の技術の獲得はもちろん、在宅ワークのコツも一緒に学んだり自信を得ることもできます。
まずは初めの一歩として資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?


▼在宅ワークについての関連記事
主婦200人にアンケート!在宅ワークの実態調査 種類・収入 メリット・デメリット