制度を利用して取得できるおすすめ資格は?

シングルマザーのための
資格取得支援制度

シングルマザーのための<br />
資格取得支援制度

シングルマザーのための資格取得支援制度

「生活や子育て、将来のために資格を取って安定した職に就きたい」

「生活や子育て、将来のために資格を取って安定した職に就きたい」

シングルマザーの方でこう思っている方も少なくないでしょう。「でも、資格取得のためにかけられるお金や時間は限られているし、余裕もない…」こんな悩みを抱えている方でも大丈夫!今回はシングルマザーの方のための資格取得支援制度や、この制度を利用して取得できる資格についてご紹介していきます。

シングルマザーにとって、資格取得のメリットは?

1、仕事が見つかりやすくなる!
未経験者でもOKな職場など、幅広い人を対象にした求人の場合、応募者が殺到することもしばしば。せっかく採用されても、お給料や時給はやや低め…ということもありますよね。でも、資格を取得すれば、資格保有者を条件とする求人にも応募できますし、専門性の高い仕事に就ける可能性もグンと高まります。

2、資格を取得して仕事に就くことでお給料アップ!
たとえ、資格なしで働ける仕事であったとしても、有資格者というだけで、給料が上がることはよくあります。そのため、パートやアルバイトで時短勤務をしたいという方でも効率よく働けます。それが国家資格であれば、収入はかなり変わってくるでしょう。

1.自立支援教育訓練給付金とは?

母子家庭の母親、また父子家庭の父親が資格を取得するとき、講座受講料などの費用のうち60%を国と自治体が支援してくれるのが「自立支援教育訓練給付金」です。※ただし、上限は20万円となります。

例えば、5万円の講座を受講した場合は、3万円の補助が出るということです。なお、下限の金額についても一般的には1万2000円と定められていますが、それぞれの区や市によって異なりますので注意しましょう。

給付金を申請するには、以下の条件を満たしていなければなりません。

1、20歳未満の子どもを育てるひとり親で、児童扶養手当を受給している、又はそれと同等の所得であること
2、過去の就業状況やスキルから判断して、取得する資格が必要不可欠であること

※給付金はすぐに支払われるわけではないので、受講費用はまずご自身で用意する必要があります。また、「申請したら承認されなかった…」なんてことがないよう、事前に必ず自治体に自立支援教育訓練給付金制度を利用したい旨を相談しておきましょう。自治体によって、制度を取り入れていなかったり、多少条件に違いがありますので、ご自身の住んでいる地域がどのような制度を取っているか、HPや役所の窓口などで確認することをおすすめします。

自立支援教育訓練給付金を利用して取得できるおすすめ資格

自立支援教育訓練給付金の対象となるのは、主に雇用保険制度による教育訓練給付対象の指定講座となります。それ以外に、就労を目的とした講座も適用となる場合があるようです。

自立支援教育訓練給付金を利用して取得できるおすすめの資格は、看護師、介護福祉士、介護職員初任者研修、歯科衛生士、医療事務登録販売者調理師、栄養士、保育士宅建士(宅地建物取引士)などがあります。

※上記の資格はあくまで一例です。自治体によっても異なりますので、ご自身の取りたい資格が対象かどうかを必ずご確認ください。

2.高等職業訓練促進給付金等事業とは?

母子家庭の母親、または父子家庭の父親が資格取得のため、1年以上養成機関で学ぶ場合に、生活の負担軽減のために支給されるのが「高等職業訓練促進給付金」です。また、養成機関入学時の負担軽減のために支給されるのが「高等職業訓練修了支援給付金」です。これら2つをまとめたものを、「高等職業訓練促進給付金等事業」と呼んでいます。

給付金を申請するには、以下の条件があります。

1、20歳未満の子どもを育てるひとり親で、児童扶養手当を受給している、又はそれと同等の所得であること
2、養成機関で、1年以上のカリキュラムを修業し、資格の取得が見込まれること
3、仕事や育児と修業の両立が難しいこと

支給額についても以下のように細かく定められています。

【高等職業訓練促進給付金】
<支給額>
月額100,000円 (市町村民税非課税世帯)
月額 70,500円(市町村民税課税世帯)
※修業期間の全期間支払われます。ただし、上限は3年となります。

【高等職業訓練修了支援給付金】
<支給額>
50,000円(市町村民税非課税世帯)
25,000円(市町村民税課税世帯)
※こちらは、講座修了後に支給されます。

こちらも、自治体によって制度が異なったり、取り入れていないところなどもあるようですので、詳細は自治体のHPや窓口でご確認ください。

高等職業訓練促進給付金等事業を利用して取得できるおすすめ資格

高等職業訓練促進給付金、高等職業訓練修了支援給付金の対象となる条件は、以下の通りです。

1、就職の際、有利となるもの
2、1年以上のカリキュラムを修業すること

1と2、いずれも満たした場合に、対象者として認められます。

高等職業訓練促進給付金等事業を利用して取得できるおすすめ資格は、看護師、介護福祉士、保育士、歯科衛生士、調理師、栄養士などが挙げられます。

一般的には、国家資格が対象となるので、自立支援教育訓練給付金制度の対象資格よりも資格が限定されます。

※上記の資格はあくまで一例です。自治体が地域の実情に応じて定めているものなので、ご自身の取りたい資格が対象かどうかは自治体のHPや窓口でご確認ください。

その他の支援制度

また、上記2つの他にもひとり親家庭のための様々な支援制度があります。その中からいくつかをご紹介します。

【ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付事業】

上記でご紹介した高等職業訓練促進給付金を受給する方を対象とする支援制度です。
養成機関に支払う入学準備金(50万円以内)、また就職にあたり必要な準備金(20万円以内)が貸付されます。
養成機関を修了し、資格を取得した日から1年以内に就職、その後取得した資格が必要な業務に就き、5年間継続をした場合のみ、申請すれば返済が免除されます。

【ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業】

中卒の方や、高校を中退した方が対象の支援制度です。
高卒認定試験合格のための講座修了後に受講費用の20%が支給されます。また、高卒認定試験に合格した場合、受講費用の40%が支給されます。つまり、最大で受講費用の60%が支給されるということになります。※ただし、上限は15万円です。

【マザーズハローワーク事業】

仕事と子育ての両立を目指す方を対象とした就職支援を行うための専門施設が、全国12か所(札幌、仙台、千葉、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、福岡、北九州)に設置されています。また、専門施設ではありませんが、マザーズコーナーとして窓口が設置されているハローワークも全国に複数あります。

制度を利用して取得できるおすすめ資格は?

1.看護師
一生モノの国家資格で常にニーズのある資格なので、ライフイベントを越えて、長く働けるというのが魅力。仕事は心身ともにハードな一面もありますが、社会的意義が高く、給与も安定して高水準というのもおすすめのポイントです。ハードルとなるのは、取得に費用と時間がかかるということ。しかしながら、メリットの方が大きいということで、30代や40代から看護師を目指す方、シングルマザーのチャレンジも増えているようです。


2.介護職員初任者研修
介護を学ぶ入門となる資格です。ホームヘルパー2級から名称変更した資格で、介護職を目指す方のほとんどがこの資格を取得しているほど、重要視されている資格です。介護に必要な基本知識や技術について修得し、介護業務を実際に行えることを目的としています。資格講座は通学制の他、通信制もありますので、働きながらでも無理なく受講することができます。また、試験の難易度も高くなく、未経験の方でも最短3週間で資格取得を目指せます。資格を取得した後も、働きながら国家資格である介護福祉士の資格を目指し、ステップアップすることができます。高齢化が進んでいる今だからこそおすすめできる資格です。


3.介護福祉士
これから介護職に就く場合、まずは介護職員初任者研修の資格取得を目指しましょう。「ゆくゆくは、介護福祉士の資格を取得したい」という場合は、その後、実務経験3年以上+介護職員初任者研修の上位資格にあたる実務者研修の資格を取得すれば、介護福祉士の資格試験を受けることができます。
介護福祉士の資格を取得することで幅広い知識が身につくので、利用者の状態に合わせた介護を実践することが可能になります。また、サービス提供責任者や生活相談員、チームリーダーなど事業所で介護福祉士資格取得者の配置が必要な役職もあります。そのため、資格取得すれば、職業選択の幅も広がるでしょう。資格更新の必要がないので、一度資格取得をしてしまえば一生ものの資格になるのもポイントです。
日本では高齢化が進んでおり、介護業界にとって介護福祉士資格取得者の需要は今後ますます高くなるでしょう。また、国家資格の中でも比較的取得しやすい資格ですので、狙い目です。


4.歯科衛生士
歯科助手と違い、歯科衛生士は国家資格です。歯科衛生士の国家試験を受験するためには、養成機関で3年以上学ぶ必要がありますが、学校によっては夜間部があるところもありますので、シングルマザーの方でも働きながら資格取得を目指すことができます。国家試験の合格率は平均95%ほどなので、国家資格の中でも比較的取得しやすい方だと言えるでしょう。また、需要も高く、養成機関などでは就職希望者1名に対して約10倍の求人募集があるようなので、就職には困らないでしょう。


5.医療事務
勤務先となる医療機関は全国に多くあり、景気に左右されることもないので、資格取得後の就職には困らないでしょう。また、ブランクがあっても復職しやすいのもポイントです。働く時間も自由がきくので、小さなお子さんがいるシングルマザーの方でも安心です。資格は、最短2ヶ月から取得が可能ということもあり、試験の難易度は高くはないでしょう。通学講座だけでなく、通信講座もあるので日々忙しく過ごしている方にもおすすめです。医療事務の資格は4種類あるので、ご自身の目的に合わせて選ぶと良いでしょう。


6.登録販売者
医薬品販売専門の国家資格です。資格を取得することで、薬局やドラッグストアで一般用医薬品を販売することができます。全国で需要が高いので、資格取得者は就職が有利となるでしょう。実務経験のない方が資格取得後に就職した場合は、研修という扱いになり、月80時間を2年間働くことで、一人前と認められます。月80時間の勤務は、例えば1週間に5日、4時間働けば達成できるので、忙しい方でもクリアできるのではないでしょうか。また、必然的に薬について詳しくなれるので、お子さんが病気になった際にも役に立つ資格と言えそうです。


7.調理師
調理師の資格を取得するためには、「専門学校などの調理師養成機関で学ぶ」「実務経験2年以上+調理師試験合格」の2つの方法があります。どちらを選ぶかによって費用は、大きく異なってくるでしょう。国家資格ではあるものの合格率は60%ほどなので、難易度はそこまで高くないようです。取得までに多少時間がかかるのはネックですが、職場はレストラン、小学校、老人ホーム、病院の食堂など多岐にわたっているので1度資格を取ってしまえば就職には困らないでしょう。


8.栄養士
学校や病院、飲食店などで出す食事のメニューを考えたり、栄養バランスの取れた食事を考え、健康問題の改善などを行うのが栄養士です。専門学校などの養成機関を卒業し、登録すれば栄養士の資格を取得できます。取得までに費用や時間がかかるのは否めませんが、試験を受ける必要がないのがうれしいですね。病院や高齢者施設、学校など職場は様々なので、ご自身の働きたいスタイルに合わせて職場を見つけることができます。また、資格取得することで、食についての知識が豊富になるので、家族の食生活についても自然と考えられるようになります。


9.保育士
子ども好きな人におすすめなのが保育士の資格。国家資格の中でも比較的取得しやすく、国家試験対策のための通信講座もあるので、忙しい方でも効率よく勉強することができます。保育士の資格取得のためには、「大学や専門学校などの保育士の養成施設で学び卒業する」「保育士の国家試験に合格する」のいずれかを満たす必要があります。子育てしているシングルマザーの方には後者がおすすめです。慢性的な人手不足なので、需要は高いでしょう。子育ての経験も、仕事に活かすことができますよ。


10.宅建士(宅地建物取引士)
宅建士は「宅地建物取引士」の略称で、不動産会社でお客さんが知っておくべき重要事項を説明するのが主な仕事です。国家試験は難しいと言われており、また合格しても実務経験がない場合は、登録実務講習を受ける必要があるのが多少ネックになるでしょう。ただ、資格を持っていることで就職に有利になりますし、資格手当もつくので不動産に興味があるという方にはおすすめです。分かりやすく学べる通信講座などもありますので、そちらを利用するのも1つの手でしょう。

<主婦ナビ編集部調べ!制度を利用して取得できるおすすめ資格まとめ>

自立支援 高等職業 国家or
民間資格
難易度 取得にかかる費用
(目安)
一生使える度 学びやすさ ニーズ 働きやすさ おすすめ度
看護師 国家 ★★★ 120~170万円程度
介護職員初任者研修 × 民間 4~12万円程度
介護福祉士 国家 ★★ 4~15万円程度
歯科衛生士 国家 100~350万円程度
医療事務 × 民間 ★★ 4~15万円程度
登録販売者 国家 ★★ 2~9万円程度
調理師 国家 ★★ 3~200万円程度※1
栄養士 国家 ★★ 200~450万円程度
保育士 国家 ★★★ 5~300万円程度※2
宅建士(宅地建物取引士) 国家 ★★★ 5~15万円程度

※1 調理師になるために「調理師養成学校」に通い、免許申請したケースと、飲食関連業で2年以上調理実務の経験を積み、調理師試験を受験し取得するケースとで金額に大きな差がでる。
※2 保育士になるために「保育士養成学校」に通い、所定の科目・課程を履修し卒業と同時に資格を取得する場合と、通信講座等で受験対策を行い、保育士試験に合格して資格を取得するケースとで金額に大きな差がでる。