主婦資格ナビ

主婦の方の再就職や在宅ワーク、
生活や趣味に役立つ資格を紹介します

在宅で資格が取れ、家庭で役立つ

食育

食育 目指せるスクール

食育資格とは?

在宅で資格が取れ、家庭で役立つ

食育とは「食に関する適切な判断力を養い、生涯にわたって健全な食生活を実現すること」と、食育基本法という法律により示されています。一般向けの教育機関では、「栄養学」や「食文化」などをテーマとする教材やカリキュラムが用意され、食育に関する資格を取得することもできます。
おすすめ度
年代 子ども 目的 学習スタイル
20代 いる 再就職 通信講座
30代 内職・プチ稼ぎ 通学・教室
40代 いない 趣味 独学
50代 生活に役立つ

主婦におすすめのポイント

食育

家族の健康、食生活の改善に。

食育講座では、食材の選び方や子どもの食習慣など、家庭ですぐに役立つ知識やノウハウがたくさん学べます。毎日の料理や買い物など身近なところで正しい食育を実践することができます。健全な心と身体を保つために、食生活はとても大事で、栄養の偏りや、不規則な食事を改めるだけでも、生活習慣病などを防げるかもしれません。

通信講座で在宅でも資格が取れる

食育資格にはいくつかの民間資格がありますが、多くは通信講座で資格を取ることができます。修了と同時に資格が取れるもの、在宅試験に合格することで資格が取れるものなど、いくつか種類があります。通信講座にはDVDなどの教材のほか、添削による個人指導など独学にはないメリットがたくさんあります。食育を実践するレシピ集は、修了する前でも役に立ちます。 数か月で取得できるのもメリットで、2年程度かかる難関資格の栄養士を目指すのは厳しいという方は、まず食育資格を検討してみてはいかがでしょうか。

履歴書に書ける

資格を持っていること自体が、仕事に直結することはありませんが、飲食店、ホテル、デパートなどの面接を受ける際に、履歴書の資格欄を埋めることができます。担当者の立場からすると、無資格者と比較した場合、印象に残りやすいのではないかと思います。また個人名刺を持っている方は、肩書として書くのもよいでしょう。

>> 食育講座の資料請求

食育資格を活かすには?

食育は、本当に幅広い業種や分野で注目されています。飲食店・スーパーはもちろんのこと、幼稚園、小学校などの教育施設、老人ホームなどの介護施設、病院などの医療施設などで食育に関する取り組みが実行されています。地方自治体などでも、食育イベントを開催するなどの活動をしています。しっかりと知識を身に着け、こうした施設や機関の取り組みに参加していきたいものです。

資格取得者Voice

萩原さん

食に対する知識、思いを周りの人たちに伝えたいです!

萩原 久美子さん
がくぶん受講

食育インストラクター資格取得

がくぶんの「服部幸應の食育インストラクター養成講座」で学び、食育インストラクターの資格を取得しました。食材の栄養面だけでなく、マナーやエコロジーについても学べるところがとても魅力でした。主婦にとっては、家族の健康を守ることや食文化の継承、しつけエコも大事な仕事。それらの知識を、沢山習得できたので受講し資格取得ができて良かったです。

おすすめのスクール紹介

がくぶん(通信)
がくぶんの食育の通信講座は、「食育」の第一人者・服部幸應先生が監修。 本講座を修了した方は、食育インストラクターの資格認定が受けられます。
この学校のホームページへ
日本フローラルアート 東京カルチャーセンター
食・健康・美容をテーマに40年以上に渡る通信教育で実績のあるスクールです。
「0〜6歳児の食のすべてがわかる・幼児食アドバイザー養成講座」は、離乳食・幼児食の悩みを解決できる知識とスキルが満載!子育て中のママや保育・幼児教育に関わる方々におすすめです。
この学校のホームページへ

食育の資料請求なら

複数の学校を検討したい時や、まずはパンフレットを見てみたい方は、一括で資料請求ができるBrushUP学びがおすすめです。無料で希望スクールの資料請求が可能です。
食育の資料請求

主婦資格ナビ
おすすめコラム

PAGETOP