主婦資格ナビ

主婦の方の再就職や在宅ワーク、
生活や趣味に役立つ資格を紹介します

主婦ならではの経験と感性を活かせる仕事

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター 目指せるスクール

インテリアコーディネーターとは

室内装飾をプロデュースする専門家

インテリアコーディネーターとは、室内空間を彩る装飾や家具、照明など、インテリア全般をトータルにコーディネートする仕事です。お客様の要望やイメージ、趣味・嗜好などを伺い、心地よい生活が送れるようなインテリアを提案、プロデュースする室内装飾のプロフェッショナル。住宅メーカーや設計事務所、インテリアショップなどで知識とスキル、そしてセンスを活かして活躍しています。また、建築業や不動産業で働く方の+αスキルとしても人気です。

おすすめ度
年代 子ども 目的 学習スタイル
20代 いる 再就職 通信講座
30代 内職・プチ稼ぎ 通学・教室
40代 いない 趣味 独学
50代 生活に役立つ

主婦におすすめのポイント

インテリアコーディネーター

年齢問わず資格が取得でき、いくつになってもできる仕事

インテリアコーディネーターは、20代~40代まで幅広い年齢層の主婦に人気の資格です。子育てをしながら通信講座で資格取得し、子どもの手が少し離れてから働きたいという方。子どもに手がかからなくなり時間的な余裕ができたので、通学講座で資格取得を目指すという方など、ライフスタイルに合わせて学ぶことができます。年齢経験問わず取得できる資格、1度取得すれば一生モノ。また、インテリアコーディネーターは、女性が長く続けられる仕事ということで主婦におすすめです。

主婦であることを強みに!日々の経験を仕事に活かせる

住空間のインテリア設計において、女性や主婦ならではの感性や視点というものがとても大きな強みになります。例えば、壁材や床材を選ぶ際、見た目の印象だけではなく手入れのしやすさを考えたり、家具の配置においても導線の確保や使いやすさを考えたり、「生活する」ということを前提にしたモノの考え方や細やかな気配りは、住む人の心地よさ・快適さにつながります。インテリアコーディネーターは、主婦のみなさんが日々の暮らしの中で経験してきたこと、感じたことをそのまま仕事に活かすことができる仕事です。

>> インテリアコーディネーター講座の資料請求

インテリアコーディネーターになるには

インテリアコーディネーターになるために、必ずしも資格が必要というわけではありません。しかし、資格を取得していることで一定の知識とスキルを身につけていることを証明できるので、求職の際は有利と言えるでしょう。インテリアコーディネーター資格試験は、民間の協会が運営しており、受験資格もなく誰でも受験可能。建築士などの国家資格ほどの難易度ではありませんが、一次・二次試験を通しての合格率は25%前後です。試験対策としてスクールに通ったり、通信講座での学習が合格への近道と言えるでしょう。

おすすめのスクール紹介

HIPS(ヒップス)
HIPSは、インテリア・住関連分野に特化したライセンススクール。インテリアコーディネーター資格制度スタート時に設立され、全国の有資格者の4人に1人はHIPSの受講生という実績を誇ります。東京・横浜・大宮・名古屋・大阪を拠点とした通学講座の他、通信講座も開講中です。
この学校のホームページへ
総合資格学院(全国)
「宅建士・建築士」受験指導のエキスパートとして多くの合格者を輩出している総合資格。建築系資格であるインテリアコーディネーター試験でも、その指導のノウハウを生かし、独学では絞りきれない広い出題範囲を効率よく学習できるカリキュラムで、合格へと導いています。
この学校のホームページへ
町田ひろこアカデミー(全国)
日本ではじめてインテリアコーディネーターを提唱し、今なお現役で活躍する町田ひろ子さんが創立したスクール。講師は全員現役のプロ。卒業後に即戦力として活躍できる実践力が身につきます。業界からの信頼も高く、多くの企業から求人が寄せられ、就職率も高い水準を誇っています。
この学校のホームページへ
ジャパンディスプレイクリエイターアカデミー(JDCA)(神奈川)
ディスプレイ資材の大手メーカーが主体となり設立されたJDCAは、商業空間などのディスプレイデザインをトータルに学べるスクールです。一回完結の授業にもかかわらず、基礎知識・商業空間での商品ディスプレイ・企画デザインと、体感的に学ぶことができるのが特徴です。
この学校のホームページへ
ハウジングエージェンシー(通信)
およそ30年に渡りインテリア関連の書籍を多数発行してきたハウジングエージェンシーが、そのノウハウを結集した通信講座を開講。重要ポイントのみを編集したオリジナル教材や過去問題集で効率的に学習できます。また、1次・2次と試験別に分かれた講座があるため、別々で学びたい方におすすめです。
この学校のホームページへ

インテリアコーディネーターの資料請求なら

複数の学校を検討したい時や、まずはパンフレットを見てみたい方は、一括で資料請求ができるBrushUP学びがおすすめです。無料で希望スクールの資料請求が可能です。
インテリアコーディネーターの資料請求

主婦資格ナビ
おすすめコラム

PAGETOP