主婦資格ナビ

主婦の方の再就職や在宅ワーク、
生活や趣味に役立つ資格を紹介します

求人数も急増中!選べる働き方が魅力の日本語の専門家

日本語教師

日本語教師 目指せるスクール

日本語教師とは?

求人数も急増中!選べる働き方が魅力の日本語の専門家

日本語を母国語としない外国人に、日本語を教えるのが日本語教師のお仕事。外国人旅行者数が年間2000万人弱となった現代において、求人ニーズも増加しており、これからますます注目されること間違いなしのお仕事です。常勤講師として国内の日本語学校で働く以外にも、非常勤として働く時間を選ぶこともできるので、空いている時間で働けると主婦やママからも高い人気を集めています。

おすすめ度
年代 子ども 目的 学習スタイル
20代 いる 再就職 通信講座
30代 内職・プチ稼ぎ 通学・教室
40代 いない 趣味 独学
50代 生活に役立つ

主婦におすすめのポイント

日本語教師

急増する日本語学習者に教師の数が足りず求人は増加中!

2012年に年間835万人だった訪日外国人旅行者は、2015年には1973万人と2倍以上に急増。それに比例して日本へ留学や就業に訪れる外国人も増えています。こうした背景を受け、日本語教師の求人数も増加中。数年前の倍以上の日本語学習者に、教師の数が追いついておらず、優秀な教師を求める日本語学校は数多くあります。まさに目指すなら今がチャンスのお仕事です!

ライフスタイルに合わせて、働く時間は調整可能!

非常勤講師として日本語学校で働く場合、週に何日、何時間入るかは、比較的自由に選べるのも日本語教師の大きな魅力。たとえば、「子供が小さいときは週に1回だけ、子供が小学校に入ったら週に4回」と、自分の生活スタイルに合わせて働き方を選べるので、家事や子育てで忙しい方でも、自分のペースでお仕事を続けられます。授業になれれば、大手企業の外国人研修や個人宅でのプライベートレッスンなど、活躍の場も広がり、収入アップも期待できます。

年齢制限はなし!セカンドライフにもばっちり!

日本語教師のもう一つの働き方として忘れてはならないのが、海外での活躍です。東南アジアを中心とした現地の日本語学校でも求人数は不足しており、世界で働くことを目標に日本語教師を目指す方も少なくありません。最近では、定年後の海外移住を目標に、50歳を過ぎてからチャレンジされる方も増えており、まさに年齢に関係なくいつでも挑戦できる仕事としても注目を集めています。

>> 日本語教師講座の資料請求

日本語教師になるには?

大学で日本語教育に関する専攻を修了する以外には、専門の養成スクールで学習するのが一般的です。専門スクールで理論科目と実技科目を計420時間学修士修了することで、日本語学校への応募条件を満たす「有資格者」と認められます。また、日本語教育学会による「日本語教育能力検定試験」に合格する道もあります。こちらは独学でも挑戦できますが、より効率的に短期で学習するためにも、専門の受験対策講座を受講することがオススメです。

資格取得者Voice

野中さん

ブラジルで子どもたちに日本語を教えています!

野中 真茶子さん
ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座受講
日本語教育能力検定合格

JICA海外開発青年に参加し、ブラジルの日本語学校で日系人の子どもたちに日本語を教えていました。その後、日本に帰国し、再度JICAに応募する際に日本語教師として赴任したいと考えたのですが、資格がなかったので日本語教育能力検定試験合格と420時間カリキュラムの修了を目指しました。無事に試験に合格し、420時間も修了。JICAの選考にも通り、ブラジルで子どもたちに日本語を教えています。

増渕さん

家庭と仕事を両立しながらやりがいも感じられる仕事です!

増渕 直子さん
東京中央日本語学院受講
420時間コース修了

長男が小学生になった時に、日本語を勉強する外国人のお手伝いをボランティアで始めました。ボランティア活動をする中で、改めて日本語を教えるための勉強をしたいと思い、東京中央日本語学院の420時間コースに通い始めました。修了時に求人に応募したところ採用され、日本語教師となりました。 
私は出産前に仕事をバリバリしていたタイプではなかったので、子育てが落ち着いてからまた社会復帰という場合に企業勤めは難しいと感じていました。その点日本語教師は、主婦業をしっかりやりながらできる責任ある仕事です。それでいて自己実現にもなります。一度家庭に入った方でも実践を重視している日本語教師養成コースを修了すれば先生になれます。私でもできたんだから大丈夫です。

吉谷さん

海外留学経験が活かせる!
家庭と両立しながら世界と日本をつなぐ仕事

吉谷 香さん
インターカルト日本語学校 日本語教員養成研究所
日本語教師養成コース(420時間コース)受講

大学時代に世界で活躍できる仕事がしたいと思い、1年間韓国へ留学し現地の大学で学びました。その時、現地で素晴らしい先生と出会い帰国後、日本語教師養成講座を受講し日本語教師になりました。日本にいながら、様々な国のことを知ることができ、毎日楽しく仕事をしています。まったく日本語が話せなかった学生が、話せるようになったときは達成感を感じます。日々、学生と共に自分も成長しています。

おすすめのスクール紹介

ヒューマンアカデミー(全国)
ヒューマンアカデミーの日本語教師講座では、未経験から学習スタートされた方の内、95.2%が就業!日本語教育能力試験合格者数は1,600名以上!幅広い年齢層の方が勉強し、就転職を成功させています。
*「がんばるママ応援制度」受講料5%割引実施中!
この学校のホームページへ
インターカルト日本語学校 日本語教員養成研究所(関東)
インターカルトの授業は平日 9:20〜13:05(100分×2)で開講中。子育て中のママも通いやすく、手に職を付けたい主婦の方や子育て中のママが多く学んでいます。卒業後も安心の徹底サポートで、就職率95%を実現!
この学校のホームページへ
東京中央日本語学院(関東)
東京中央日本語学院(TCJ)は、初学者でも分かり易い授業、子育て中のママも続けやすい受講システムが特徴です。 たとえば、クラスは平日と土曜の2種類があり、受講期間は半年から最長3年まで自由に設計できます。
また、授業振替や再受講制度(3年間無料)があるため、もしもの場合でも安心です。就職サポートも手厚く、昨年度の就職率が95.6%となっています。
*ママ応援割引あり
この学校のホームページへ
アークアカデミー(関東)
アークアカデミー総合コースは6ヶ月の集中型。主婦の方にも優しい午前中の授業でメリハリある通学ができます。多くの日本語学校の採用担当者様より高い評価を得ているアークで学んだら、職業紹介事業許可を持ったスタッフが、在学中も修了後もしっかり就職をサポート!「週2回だけ働きたい」「水曜日は子供のお迎えがあるので勤務は難しい」などなど、希望に合った求人をご紹介します。
この学校のホームページへ

日本語教師の資料請求なら

複数の学校を検討したい時や、まずはパンフレットを見てみたい方は、一括で資料請求ができるBrushUP学びがおすすめです。無料で希望スクールの資料請求が可能です。
日本語教師の資料請求

主婦資格ナビ
おすすめコラム

PAGETOP