主婦資格ナビ

主婦の方の再就職や在宅ワーク、
生活や趣味に役立つ資格を紹介します

今社会に求められている、介護福祉の仕事

介護ヘルパー

介護ヘルパー 目指せるスクール

介護ヘルパーとは?

今社会に求められている、介護福祉の仕事

介護ヘルパーとは、老人の身体介護や、生活援助を行う仕事です。訪問介護、ホームヘルパーと呼ばれる、介護者の自宅に訪問してサービスを行うものと、福祉施設に勤務する介護員として、サービスを行うものがあります。資格制度としては、介護職員初任者研修が有名です。

おすすめ度
年代 子ども 目的 学習スタイル
20代 いる 再就職 通信講座
30代 内職・プチ稼ぎ 通学・教室
40代 いない 趣味 独学
50代 生活に役立つ

主婦におすすめのポイント

介護ヘルパー

豊富な求人数、未経験でも就職可能

ここ数年、介護の人材不足が騒がれ続けていますが、まだ解消しているとは言えません。未経験でも積極的に採用をしているので、就職しやすい職種といえるでしょう。年齢問わず活躍しているのも特徴で、50代以上の方も少なくないです。求人数が多いため、どうしても職場に馴染めない場合、転職がしやすいというのも、安心材料の一つです。主婦にとっては、なるべく通勤時間を短くしたいところですが、近くの職場を探しやすい点もメリットです。

資格取得でキャリアアップも

一応無資格でも働ける仕事ではありますが、従業員のほとんどは、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)を修了しています。スクーリングがありますが、基本的には自宅学習で勉強が可能です。また、実務経験を積みながら、実務者研修、介護福祉士、ケアマネジャーなどの上級資格を取得していくことで、仕事の幅が広がり、給与にも影響していきます。福祉施設や事業所の種類によっても、業務内容や業務時間が異なるので、事前に調べておくとよいでしょう。

待遇面改善の兆しも

介護ヘルパーは、平均的に給料の低い職種として話題になることもありますが、これは職場によっても差があります。国も待遇改善に向けて制度の検討をしており、近日中に動きがあるかもしれません。 また、現職では、両親が介護が必要になった時、など身近な問題に対して介護職の経験が活きることもあり、社会的に必要とされる仕事に就いていることにやりがいを感じるという声もあります。

>> 介護ヘルパー講座の資料請求

介護ヘルパーになるには?

ヘルパーになるために、制度上必須の資格はありませんが、介護職員初任者研修はほぼ必須といえるでしょう。都道府県が認可したスクールが全国各地にあるので、まずはこちらを探しましょう。研修と就職サポートがセットになっているものもあるので、無資格で仕事を探すより早く就職できる可能性もあります。

おすすめのスクール紹介

ベネッセ介護職員初任者研修[関東・関西]
数多くの社内研修を実施し、人材育成に力を注いでいる会社だからこそつくることのできる学びやすく楽しいカリキュラム。現場経験豊富な講師がわかりやすい講義します。
★お得な受講料キャッシュバック制度★修了後、ベネッセスタイルケアに介護職でご入社いただくと受講料59,720円をキャッシュバックいたします。
この学校のホームページへ
介護教室ケアマイスター[関東]
主婦の皆さまにとって、スクール選びのポイントは『通いやすさ』『ご自身のスケジュールに合ったコース』そして『受講料』かと思います。新宿・池袋・北千住の3校舎は駅から5分圏内で通いやすく、週5日の最短コースから週1日のコースまで、多様なコースをリーズナブルな受講料でご用意しています。
この学校のホームページへ

介護ヘルパーの資料請求なら

複数の学校を検討したい時や、まずはパンフレットを見てみたい方は、一括で資料請求ができるBrushUP学びがおすすめです。無料で希望スクールの資料請求が可能です。
介護ヘルパーの資料請求

主婦資格ナビ
おすすめコラム

PAGETOP