主婦資格ナビ

主婦の方の再就職や在宅ワーク、
生活や趣味に役立つ資格を紹介します

子育て世代が多く活躍、ますます期待が高まる仕事

児童英語教師

児童英語教師 資料請求はこちら

児童英語教師とは?

子育て世代が多く活躍、ますます期待が高まる仕事

児童英語教師とは、0歳から小学生までの子供に英語を教える人のことです。音楽や絵などを駆使して子供が楽しく英語を学べるように働きかけます。子供が好きで英語も好きだという人におすすめの仕事です。子育てしながらこの仕事をしている人も多数います。
おすすめ度
年代 子ども 目的 学習スタイル
20代 いる 再就職 通信講座
30代 内職・プチ稼ぎ 通学・教室
40代 いない 趣味 独学
50代 生活に役立つ

主婦におすすめのポイント

児童英語教師

英語に対する期待で需要が増えている!

小学校の高学年で英語が必修化されたことをはじめ、英語の必要性が叫ばれるなか、子供の時から英語に慣れ親しんでおくことが重要だと考える保護者が増えました。児童英語教師への期待もますます高まっています。家庭で英語に触れることができる英語教材も数多くありますが、児童英語教師が直接英語を教えてくれるスクールに対する期待も大きいものがあります。需要はこれからも増えるでしょう。

子育てをしながらやりがいを持って働ける!

英語教室の求人には、ライフスタイルに合わせてパートやフルタイムから勤務形態を選べるものもあります。子育てをしながら働きやすいと言えるでしょう。実際に、30代から40代の子育て世代の女性が多く活躍しています。教師という仕事は、子供の成長がやりがいにつながる仕事です。また、子供が楽しくレッスンを受けてくれる時にも大きなやりがいを感じられます。また、自分が積み重ねて勉強してきたことを活かせるというのは大きな喜びです。

独立開業も可能!

児童英語教室の仕事をするには、英語教室で働くほか、英語教室を開くという方法があります。有名なフランチャイズの教室を開く方法もありますが、独自の英語教室を開業するというやり方もあるのです。自宅で英語教室を開けば家事・育児との両立にとってメリットがあります。子育てした経験がプラスに働く仕事なので、主婦でも自信を持って目指すことができます。

>> 児童英語教師講座の資料請求

児童英語教師になるには?

児童英語教師になるには、特別な資格や学歴は必要ありません。しかし、当然ながら英語が堪能であることは必須条件であり、子供に教えるスキルも合わせて教えてくれるスクールの存在はありがたいものでしょう。英語教室の講師として、またフランチャイズの英語教室、また独自に開いた教室などで児童英語教師は活躍しています。

児童英語教師の資料請求なら

複数の学校を検討したい時や、まずはパンフレットを見てみたい方は、一括で資料請求ができるBrushUP学びがおすすめです。無料で希望スクールの資料請求が可能です。
児童英語教師の資料請求

主婦資格ナビ
おすすめコラム

PAGETOP